PageSpeed Insights 画像を最適化する


SEO 2016年6月9日 112
PageSpeed Insights 「画像を最適化する」対応方法を記載します。

画像を最適化する方法について説明します。

jpg,gif,pngファイルには位置情報や撮影者など画像データ以外にも諸々のデータが入っております。サイトやブログの表示に不必要な情報を最適化することで、この問題は解決されます。

①TinyPNGを使う。

tinypng

無料で使用できる上、jpgとpngの画像ファイルを最適化できます。

ただ、大量の画像を最適化するには向いていませんので、10数点の画像を最適化するだけならばtinyPNGで十分だと思います。

②SuperPNGを使う。

out_dialog

photoshopのプラグイン「SuperPNG」を使うことで出力するときに最適化された画像を出力できます。通常のweb用保存ではなく「名前をつけて保存」で出力されるので、photoshopに使い慣れている人ほど慣れない上、一括で最適化するのも向いていないプラグインですが、photoshopに入れておいて損はないプラグインです。

③「png mini」を使う。

pngmini

MACアプリの「png mini」です。これは大量の画像を最適化するのにとても向いています。有料アプリで240円かかりますが、削減される工数を考えると安い買い物です。数100枚の画像を一括で最適化できるのは、本当に助かります。サイトスピードアップに関する画像最適化のファイナルアンサーと言っても過言じゃないでしょう。ぜひオススメしたいアプリです。

以上のツールで最適化された画像をアップロードで上書きすれば、PageSpeed Insights 「画像を最適化する」は解決されます。

 

Facebook