分析の強い味方!無料ソフト「R」を使おう vol.3


分析 2016年6月23日 256
「R」で GoogleAnalyticsを分析する。
Google API Consoleでプロジェクトを作成します。

Google Analyticsを「R」で分析するには、まずAPIのプロジェクトを作成する必要があります。

 

 

今回はAPIのプロジェクトを作成するまで解説します。

 

手順

①Google API Console に移動します。

https://console.developers.google.com/project

 

ログイン画面が表示された場合は、取得したいGoogleAnalyticsのアカウントでログインしてください。

 

 

r003-01

 

②その他の一般的なAPIにある「Analytics API」をクリックしてください。

 

r003-02

 

③プロジェクトを作成するボタンをクリックし、プロジェクトを作成します。

 

r003-03

 

プロジェクト名を入力し、メルマガの配信の可否を選択、利用規約を遵守するかどうかチェックに「はい」を選択してください。

最後に「作成」ボタンをクリックします。

 

 

④処理が完了すると「概要ページ」に戻ります。r003-04

有効をクリックします。

 

 

⑤有効にすると、認証情報を入力するように促されます。

 

 

r003-06

「認証情報に進む」ボタンをクリックしてください。

 

 

⑥プロジェクトへの認証情報の追加

r003-05

 

使用するAPIに「Analytics API」を選択する。

APIを呼び出す場所に「その他のUI(window、CLIツールなど)」を選択する。

アクセスするデータの種類はユーザーデータを選択してください。

「必要な認証情報」をクリック。

 

 

⑦OAuth 2.0クライアントIDを作成する。(名前は任意で入力してください。)

 

r003-07

 

 

⑧メールアドレスとユーザーに表示するサービス名を入力してください。

 

r003-08

 

 

⑨認証情報をダウンロードする

 

r003-09

 

ダウンロードボタンをクリックし、ファイルを保存してください。

「完了」ボタンをクリック。

 

クライアントIDを控えてください。

 

 

以上で、Google API Consoleでプロジェクト作成は完了です。

 

次回はこのAPIを利用して「R」でダウンロードします。

 

 

Facebook