分析の強い味方!無料ソフト「R」を使おう vol.1


分析 2016年6月6日 126
分析の強い味方!無料ソフト「R」の紹介①

世の中にたくさんのBI、BAツールやエクセルなど分析に使用出来るソフトはたくさんあります。BI、BAツールだと月額で安くても12万円から、イニシャルで1,000万円以上の費用がかかるなどコストが負荷になるケースも少なくありません。じゃあ、日頃から親しみのあるであろうエクセルでは、いろいろと分析ができ、可視化もできるけど、Rawデータをcsvで収集するのが面倒だったりして、レポートを一つ作るのに何時間もかかったりと工数が負荷になります。

 

お金がかからず、しかも作業が早く、高度な分析ができる優れものが「R言語」なんです。無料でBI、BAツール級の分析ができると思えば、使わない手段はありません。ですが、基礎的なプログラム言語を理解していないと使えないので、敷居は高いです。覚える気があれば、大丈夫です。覚えるのが無理だと思うのならばgoogle analyticsのキャプチャを切り貼りして、csvをダウンロードして、一つのレポートに数時間もかけてください。

 

いやだ!早く帰りたい!!でも、BIを購入する費用がない!!という方は「R言語」を覚えましょう。ただこの「R言語」のグラフが昔のパソコンみたいなラインアートというか、MSXというか、とってもレトロ感あるグラフなんですね。

僕も「R言語」は勉強中なので可視化デザインについてはまだまだです。なので、「R言語」×「エクセルVBA」の合体技でGAレポート出しています。一度、設定さえしてしまえば、詳細なレポートが10分かからず出てきますよ。

 

この記事ではGAレポートを「R言語」×「エクセルVBA」でスピード出力するまで書きます。(ほとんどVBAじゃん!!的な内容になりそうですが。)

 

次回は「R言語」のインストールまでを記事に書きます。

 

Facebook